忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京都 東京駅〜上野駅周辺



●とうとう東京へ出発しましたが一番の心配は東京国立博物館の薬師寺展です。
とうとう東京へ出発しましたが一番の心配は東京国立博物館の薬師寺展です。皆様にいろいろ教えていただき、今朝両親が出発しました。ただ、一番の心配が明日予定している東京国立博物館の見学です。お昼ころ現地到着予定ですが今週で会期最終の週ということで軒並み入場制限がかかっているようです。一応現地までは行ってみますがあまりの混雑であれば見学は断念する覚悟でいるそうです。そこで質問なのですが、特別展は無理としても平常展の見学はそれほど待たずして入館・見学可能でしょうか?それともみなさん、薬師寺展を断念して平常展にこられるのでしょうか?芸術品を見学するのに混んでいるからと言う理由を並べるのは大変失礼だとは思います。でもせっかく東京に行ったので国宝などのすばらしい芸術品を見てきてもらいたくて。これは私の願いですが、母はかなり博物館の見学を楽しみにしているようです。父も歴史が好きなので興味はあると思いますがただ、二人とも気が短く、待たされるということに非常にストレスを感じるようで・・・
続き
---

東京国立博物館
東京国立博物館(とうきょうこくりつはくぶつかん)は、日本と東洋の文化財(美術品、考古遺物など)の収集保管、展示公開、調査研究、普及などを目的として独立行政法人国立博物館が運営する博物館である。<br/>1872年(明治5年)に創設された、日本最古の博物館である。東京都台東区の上野恩賜公園内にある。本館、表慶館、 東洋館、平成館、法隆寺宝物館の5つの展示館と資料館その他の施設からなる。収蔵品の総数は11万件を超え、国宝87件、重要文化財610件(2005年7月現在)を含む。<br/>1872年(明治5年)3月、その前年に設置された文部省博物局により、日本最初の「博覧会」が湯島聖堂大成殿(現在の東京都文京区湯島)で開催された。当時の広告や入場券には「文部省博物館」と明記されており、これが日本の「博物館」の始まりであった。東京国立博物館はこの年を創設の年としている。展示品は、翌1873年(明治6年)開催のウィーン万国博覧会への出品予定品が中心であった。当時の錦絵を見ると、会場にはガラスケースが所狭しと置かれ、書画、骨董、動植物の剥製や標本などが並べられており、展示品のなかでは名古屋城の金鯱(しゃちほこ)が呼び物だったようである。この博覧会は3月20日から20日間の会期を予定していたが、あまりの人気に入場制限をせざるをえないほどで、会期を再度にわたり延長し、4月末日まで開催された。総入場者数は15万人と推定されている。<br/>




センダンヤ 松戸 シティホテル(旧ホテル千壇家)
「松戸の宿ホテル千壇家」の名称が変わりました。新しい名前はSENDAN-YA MATSUDO CITY HOTELです。

チェックイン:16:00

チェックアウト:10:00

所在地:〒271-0077
千葉県松戸市根本63

TEL:047-362-2651

FAX:047-362-7701

交通:JR千代田線、新京成線、常盤線「松戸駅」西口から徒歩5分。外環自動車道三郷南インターより車で5分。

最寄り駅:松戸

駐車場:有り 18台 無料 ★予約制★ 車種を記入して下さい。(2t普通車まで可)満車時有料Pになります。

予約電話番号:050-2017-8989
口コミ




●長谷川等伯あるいはその高弟が描いたのではないかとさ..
長谷川等伯あるいはその高弟が描いたのではないかとされている「月下松林図」が発見された経緯・事情が知りたいのですが、詳しい記事が読めるサイトか本はないでしょうか。 また、これに関連して、この絵を等伯本人が描いたとする説、弟子が描いたとする説、その他の説それぞれの根拠をまとめて読み比べたいのですが、適切な本などありませんでしょうか。 専門の学術書など、あまりハイレベルすぎるものよりは、ガイド的要素を含む一般向けのものが希望です。 ここで聞きたいのはおよそ十年ほど前に発見された方の「月下松林図」で、東京国立博物館蔵の国宝「松林図屏風」のことではありませんので、その点、混同無きようにお願い致します。
続き
---



東京国立博物館図版目録(中国陶磁器篇2)



著者:東京国立博物館出版社:東京美術サイズ:単行本ページ数:189p発行年月:1990年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本目録は、当館東洋課中国美術室所管の中国陶磁器のうち主要なものを中心に図版によって示したものであり、昭和40年刊行の中国古陶磁編を

・・・もっと見てみる



---




PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 美術館巡り All Rights Reserved